琴唄舞 若宮流宗家 若宮香曻の公式ブログ お稽古のこと。お着物のこと。日本舞踊をもっと気軽に楽しんでいただけたら幸いです。体験お稽古の様子もお楽しみに!
by nihonbuyou
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
最新の記事
大分講習会です
at 2018-07-15 07:11
新内仲三郎さんよりご招待の人..
at 2018-06-03 19:43
今日は5月の浅草講習でした
at 2018-05-28 18:24
羽田空港の化粧室
at 2018-05-12 12:02
福岡講習
at 2018-05-07 18:30
画像一覧
毎日お稽古ブログ
「空海」
c0309606_23545400.jpg

先月29日、新内仲三郎さんの公演「空海」へ行って」まいりました。

久しぶりの三越劇場でした。

私はこちらの劇場の雰囲気がたいへん好きです。

舞台と客席の距離が近いことや、劇場の装飾などが非常に美しく落ち駆きます。現代的で風情のない劇場が増えておりますが、個人的に三越劇場が好きです。

最近なぜ仲三郎さんばかりを聞きに行くかと申しますと、仲三郎さんの伝統芸能に対する思いに共感するからです。

私が日頃思っていることと同じような気がして。

これは私の勝手な思いですが。

昨今の日本は各地で災害が多く、また天災のみならずそれによって人類が引き起こした原発の問題がございます。

先日は安保法案が強行採決されるなど、

あたりまえと思っていた今の日本の平和について考えさせられる日々でございます。



今後の日本はどうなってゆくのでしょう。

そんな想いをめぐらせますと、

「おどり」というのは平和そのもの。

また、伝統芸能そのものが、日本の人々の平和の精神の礎になっているのです。

伝統芸能ばなれが、

過去を忘れ、先人の言葉を尊ぶことを忘れ、場当たり的な生き方をつくっているように感じてなりません。

伝統芸能は、

先人からの糸をバトンタッチして、それを受け継ぎ、また紡いでゆき、後世につないでゆく。

人がこの世で生きてゆく上でなにより大切なものがあると感じております。

c0309606_23545613.jpg


[PR]
by nihonbuyou | 2015-10-05 23:24 | 宗家若宮香曻(かしょう)のこと
<< 杉並民踊舞踊 文化まつり 推薦名流舞踊 >>