琴唄舞 若宮流宗家 若宮香曻の公式ブログ お稽古のこと。お着物のこと。日本舞踊をもっと気軽に楽しんでいただけたら幸いです。体験お稽古の様子もお楽しみに!
by nihonbuyou
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧
毎日お稽古ブログ
カテゴリ:おけいこ日記( 129 )
浅草講習会から暑気払い
月曜は浅草講習会でした
c0309606_10073177.gif
朝の気温37度。
午前のお稽古、午後の講習会。
この時期の着物は、、、

そして、終わってから暑気払い。
踊った後はみんなリラックスして和気あいあい盛り上がりました!
お寿司も美味しかった!
c0309606_10095902.gif
実は、、
私だけ洋服に。。。
着替え。
ゴメンなさい!!

[PR]
by nihonbuyou | 2018-07-16 12:36 | おけいこ日記
大分講習会です
大分講習会へ

羽田空港のいつもの朝食は

c0309606_07124087.jpg

お寿司のお店もオープンしてましたが
朝からお寿司は食べれず
c0309606_07134693.gif


[PR]
by nihonbuyou | 2018-07-15 07:11 | おけいこ日記
早くも浴衣の季節
もうお稽古は浴衣でいいですね

関東は5月下旬なみ

c0309606_11282661.jpg

桜も散り

c0309606_11293349.jpg
こちらは稽古場近くの小径

c0309606_11302117.jpg
新しい年度が始まります

新たな挑戦にワクワクする季節ですね



[PR]
by nihonbuyou | 2018-04-02 11:27 | おけいこ日記
昨日は浅草講習会でした。
昨日は浅草講習会でした。

上野経由で
c0309606_22400368.jpg
上野駅の桜とパンダ

お花見は時間がなかったので出来ず

いま東京は満開のポカポカ陽気で

なんとなく気分が上がります

桜といえば

流派の桜色の揃いの附け下げ着物
c0309606_22473410.jpg
この桜色の着物に

こちらの紫に銀紋の名古屋帯を

新しく作りました。

お揃いの帯は白か銀だけでしたので

この紫とても良い色に仕上がりました。

本部のお稽古や講習にいらしている方はご存知かと思います。

この3月に作りました。

お揃いでどうぞ。

c0309606_22532860.jpg

さて、講習は男踊りでした。

男踊りを講習していると

だんだんと人数が。。

減って。。

やはり男を踊ると女踊りより体力使うみたい。

講習では、体に無理をしないように皆さんにお伝えしています。

年齢の高い方もお弟子さんをもって遠方からお稽古にいらっしゃいます。

それぞれのペースで、というのが基本です。

最近はお茶の時間も作り、交流を深めながら稽古に励んでいます。

[PR]
by nihonbuyou | 2018-03-27 22:38 | おけいこ日記
浅草衣裳合わせ
c0309606_17015087.jpg

今日は浅草のお稽古の後、衣裳屋さんへ。

次の舞台に衣裳はこちら

[PR]
by nihonbuyou | 2018-03-12 17:01 | おけいこ日記
今日は浅草お稽古
今日は浅草お稽古でした

午前、午後1、午後2
と3回に分かれお稽古し続け

皆さんお疲れさま

c0309606_18573595.jpg
相変わらず私は頭が大きいですが

自分ヘアセットです

年々頭が大きくなって
この先どうなることか

今日はちょっと色っぽい踊りでした(全体的に)
艶っぽく踊れていたかしら

c0309606_19001131.jpg
今日はお弟子さんに頂いた
簪(かんざし)の柄の帯

帰宅後少し疲れが顔に出ていますが

お弟子さん皆の顔を見れた日は
充実した疲れです
c0309606_19011069.jpg
来月はどんな踊りにしましょう

まだ振り付けてないけど(いつもギリギリで汗)

[PR]
by nihonbuyou | 2018-02-26 18:55 | おけいこ日記
新年会
1月21日 「舞初め」熱海にて

その後、一門が顔を揃えての新年会でした。

c0309606_10335758.jpg

今年は全国から121名が集まりました

毎年こうして舞初め、そして新年会を開催できることは

ひとえにお弟子の皆さん一人一人の力です。

今年、私は年頭のあいさつにて

一門のお弟子の皆さんお1人お1人を

もっと大切にしたい

と述べました。

このように小さな所帯の流派ですから

もっと一人一人との距離を近づけて

共に歩んでゆく年にしたいと思います。

c0309606_10341584.jpg



[PR]
by nihonbuyou | 2018-01-29 10:45 | おけいこ日記
打合せ(つづき)
先日、打合せ物 について少し書きました。

「打合せ」とは、異なる曲を同時に弾く演奏法。

来週の月曜9/25の午前中、古典教室でお稽古いたします

『すり鉢』  地唄です。

若宮流に伝わる地歌舞です。解説が途中でした。

来世まで永遠の愛を誓った同士、離れられない仲なのに・・・という内容でしたが、

~つづき

〽暮を惜しみて待つ山かづら、昼のみ暮らす、里もがな。

同時演奏されている「すり鉢」と「れん木」は

「すりばち と すりこぎ」

それは、お料理に使われるときは常に一体で、どちらかが無くては用をなさないもの。

でも、もちろん夜は別々にしまわれています。

昼のみ暮らす里ならばいいのに、夜が来なければいいのに。

夕暮れの山間をみて、だんだん日が暮れてゆく様がさみしい。


いかがでしょうか。

地唄は歌詞が少ないぶん、様々な捉え方が出来て楽しいですね。

唄を聞くほどに、1回目2回目10回目と違った味わいがあり、

その解釈も人それぞれではないでしょうか。

地唄舞も同じでして、

舞重ねるほどに違った味があります。

それがやみつきになってしまうのですね。

つづく




[PR]
by nihonbuyou | 2017-09-19 10:40 | おけいこ日記
打合せ
打合せ 

ミーティングのことではありません。

地唄には「打合せ物」というのがございます。

異なる曲を同時に弾いて楽しむ打合せという演出の演奏のこと。

違う曲を同時に弾いて美しい旋律を奏でるとは

日本の昔の演奏家はなんと面白く遊び心いっぱいなことを。

それが、腕を磨くためでもあったわけで、

もう、お稽古そのものが美しすぎます。(目指したい)

さて、なぜ打合せかと申しますと、

毎月の浅草古典教室にて、年の後半はいつも地唄をお稽古しております。

今回、選びましたのは、我が若宮流に古くから伝わります曲、

「すり鉢」

こちらを、「れん木」「せっかい」という曲との打合せで演奏されたものを

地方(じかた:踊りの演奏)としました。

すり鉢はご存知の通りで。れん木というのは「すりこぎ」のこと。

「せっかい」はすり鉢の目地につまったカスを掻き出す道具。

この3点はセットです。一緒に使う。

「打合せ」(同時演奏)がつながってきましたね。

歌詞ですが、唄い出しは

〽海山を、越えてこの世に住みなれて・・・

「海山を越えて」そして「この世」とくれば、「来世」という想像が頭に浮かびます。

「前前前世」という歌が流行りましたが。(余談)

時を越えてという雰囲気でしょうか。もう魂レベル。

〽比翼連理(ひよくれんり)と契りし仲を・・・

比翼連理とは、「長恨歌」(ちょうごんか)という長編の漢詩にある

「天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝となって永遠の愛を誓う」というもの。

〽煙を立つる賎の女が、心ごころにに逢わぬ日も、逢う日も夜は独り寝の・・・

賎の女とは身分の低い女。煙ですから、炊事してます。すり鉢の登場です。

「れん木」「せっかい」とセットです。いつも一緒で、くっついてます。炊事に使う昼間だけ。

夜は別々にされてします。さみしいです。契りし仲の2人に重ね合わせてます。

来世まで永遠の愛を誓った同士、離れられない仲なのに。

つづく


[PR]
by nihonbuyou | 2017-09-07 14:41 | おけいこ日記
日本橋コレドの講座
また更新が遅れてしまいました。もう2月も末ですね。

さて、明日は久しぶりに輝和美倶楽部さんの講座があります。

日本橋COREDOにて19時~。

明日はなんと着付けです。

着物の着付け講座を1回完結90分で最後まで。

というご要望です。

着付け教室に通ったら半年コースでしょう。

半年の内容を90分で。

なかなか難しい・・・ですが

やりましょう。

私は普段からそれほど着付けが上手というわけでもないけど。

着る機会は

他の同世代の方々に比べるとかなり多いか。

ほぼ毎日着物です。

いつの間にか洋服の数のほうが少ない。。

明日は講座の様子をアップ出来るよう頑張ります!

いえ、講座のほうをまず頑張ります。

私に務まるかしら。。
[PR]
by nihonbuyou | 2017-02-21 21:22 | おけいこ日記